カードローンで私がなぜ審査通らないか謎です。なぜでしょう?

カードローンの審査に通りません。今まで借りたこともないのになぜ審査通らないか謎です。聞くと限度額が決まっていてその金額を超えると審査に通らなくなるとのこと。私は今まで一度もお金を借りたことはないのでその金額を超えているということもあり得ません。何が原因かも私が申し込んだところは審査に通らない理由も教えてくれず、経験を次回に生かすこともできずに困っています。

審査に通らない理由は多くないのですぐにわかります!

まず最初に言っとかないといけなさそうなので言っときますが、審査に通らなかった理由を教えてくれるとこなんてありません。どこのカードローンでも審査に通らなかった理由は聞いても教えてくれませんよ。いくつか理由を挙げておくので、自分の状況を確認するために使ってください。どれにも該当しないってことはまず、ないと思います。

審査に通らない最も大きな理由は、今までの信用情報です。たとえばお金を借りたことがなくてもショッピングの分割クレジットや車や住宅のローン、そのほか最近では携帯電話の分割支払い代金なんかもぜーんぶ記録されてます。分割クレジットで商品を購入して、その商品に問題があって支払いを拒否した場合でも、クレジットの支払いに応じなければ場合によってはそれが「支払い遅延」や「滞納」として判断されることもあります。

この信用情報が原因の審査に通らない理由として、カードローンなどの連続した申し込みもあります。たとえば、専業主婦や年金受給者などは一社での借入限度額が小さいので、ある程度大きなお金を借りたいからと何社も申し込みを行う方がいらっしゃいます。しかし、借り入れは全体を見て審査されていますので、立て続けに申し込みを行えばそれが審査にひっかかり、審査に通らなくなることもあります。「この人立て続けに申し込んでるから注意したほうがいい!」ということになるんですね。

あとは申込書の不備なんかも審査に通らない理由だったりします。たとえば、連絡先電話番号が違ったりすると本人との連絡すら取れないことになります。もちろんその不備を修正すれば審査も可能ですが、それをわざわざ住所宛に郵送でお知らせするところはありません。メールアドレスがあればそこに連絡するところもありますが、すべてのカードローン会社がメールに対応しているわけではないでしょう。

中には基本的には電話で連絡だけれど、審査結果だけメールで連絡しているようなところもあります。そうすると電話連絡先の誤記入だと電話連絡もないまま審査に通らなかったという連絡だけメールで来ると言うことになるでしょう。立て続けに申し込んでいるような状況でなければ、少し時間を空けて再度どこかに申し込んでみると、意外にあっさり審査に通ることもあるかもしれませんよ。

教えてほしい、カードローンなぜ審査通らない?

繰り返しカードローンの審査を受けてもどうしても通らない、という方がいらっしゃいます。「自分の収入は悪くないはずなのに」とか「自分のどこが悪いのか」と繰り返し自問自答を繰り返しますが、答えが出ません。しかし、「自分」を主体に据えている限り、おそらく永久に答えがでないのではないかと思います。

ある受験のカリスマが言っていましたが、「試験に受かるコツはひとつしかない」そうです。それはなにかというと「出題者の視点から考える」ということです。つまり、自分がどれだけ受験勉強を頑張るとか、どれだけの時間を割くのかは重要なことではありません。重要なことは、出題者の意図に答えることができるのか、ということです。カードローンの審査も同じことです。視点を変える必要があります。「自分」から「相手の」の視点にシフトすることが必要なのです。

では、カードローンに受からない理由を、審査する側から考えてみましょう。一体なにが問題なのでしょう。貸す側と借りる側で行き違いで出る例をひとつ挙げます。みなさんは「申込ブラック」という言葉をお聞きになったことがあるでしょうか。短期間のうちに複数の会社に申し込みをすることをいいます。これは借りる側としては、ついついやりたくなってしまう行為です。「1社だけじゃ心配だから数社申し込んでなにが悪い」と思う方、是非上に書いたように視点を変えましょう。貸す側からみれば、短期間のうちに、これは一般的に1ヶ月以内と言われていますが、それだけの期間にあっちも、こっちも照会しているようなら、「この人大丈夫??」と思っても仕方がないのではないでしょうか?

というわけで、「申し込みブラック」にならないように、目標はひとつの定めて、審査に申し込むようにしてください。こんどはきっと大丈夫なはずです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ≪審査が不安≫なら…→必ず借りれるカードローンランキング All Rights Reserved.