賢いカードローンの利用方法を教えてくれる人いませんか?

特にお金に困っているわけではありませんが、日々の生活を充実させるためにもカードローンに申し込もうと思っています。そこで賢いカードローンの利用方法があったら教えてほしいです。ただ、カードローンで借金をするというものではなくて、その借金を有効に利用する方法やカードローンを申し込んだことでプラスアルファがあるような情報がもらえるととても助かります。よろしくお願いします!

ありますよ!カードローンで得する方法をお伝えします!

まずはカードローンで借りた資金を使ってその資金を更に大きくする方法からご紹介しましょう!元手を有効に使って大きなお金をつかむ方法にはいくつかの方法があります。確実にお金を掴めるものではありませんが、大きな夢を抱くにはもってこいの方法だといえます。ぜひ挑戦して成功させて欲しいものです。

代表的なものとしてはその借りた資金を投資して稼ぐ方法です。仮に金額がそれほど大きくないとしても、たとえばFXや株などに投資すれば大きなリターンを得ることができる可能性があります。段階的に規制も設けられ以前ほど大きなリターンは望めないようにはなりましたが、それでも成功すれば大きなリターンにつながることは間違いありません。元手がゼロであることを考えれば充分な賢い使い方と言えるでしょう。

同様に資金を利用して起業するという方法もあります。もちろんカードローンの借り入れは事業には使わないことを条件に借りています。しかし、例えば50万円を借りて生活費にすべてを充て、25万円の二か月の収入を全て起業に使ったとすれば、事業性の資金に利用したとは言えません。あくまでも借りたお金は生活費。事業のお金は自分の収入から捻出しているのであれば特に問題はないのです。

これ以外にもカードローンを申し込むとさまざまなレジャー施設などで特典を受けることができることもあります。例えば入園料や入館料が割引されたり、商品の購入で割引があったりします。一回一回の金額は小さいかもしれませんが、生活環境によっては長い目で見ると最終的には大きなメリットになるかもしれません。

そもそも、カードローンを利用すること自体が金融や経済の勉強にも適切です。金利の算出方法や支払いの仕組みなど、細かい部分をしっかりと考えながら使っていれば大きな知識を得ることができることでしょう。これも少し長い目で見ていく必要がありますが、経験は何よりの宝です。カードローンを使ったことのない人と比較するならば、数年後には確実に大きな差ができていることは間違いありません。

こっそりコツ教えます!賢いカードローンの使い方

「コツ」という言葉、生活の中でもなにげなく使いますよね。「仕事のコツ」とか「勉強のコツ」とか、ある事柄の秘訣を学ぶことを指すときに使います。「コツ」は「骨」の意味。つまり、骨が体の基盤をなしているように、コツという言葉は、ある物事の本質を意味する言葉なんですね。そして、何事にも「コツ」があり、それを早く学び取れる人は人生で得をして、幸せにいることができます。

さて、カードローンにもそれを賢く使う「コツ」があります。そして、それを学び取れば、カードローンに支配されるのではなく、カードローンを最強の道具にすることができるのです。

結論から言いますと、カードローンをうまく使いこなすコツ、それは「多く借りない」「長く借りない」ということに尽きます。それこそが、カードローンに支配されない、むしろカードローンを支配する方法です。なぜなら、お金は長く借りれば借りるほど、利息が膨らみますし、多く借りれば借りるほど、おなじ利率でも金額が増えてしまい、それがさらに元本に含められ、そこにさらに金利がかかり、利息が雪だるま式に増えていってしまうからです。

また、短い期間であれば、多くの金融会社で行っている無利息ローンを活用することができます。1週間だったり、30日だったり、短い期間であれば、無利息でお金を貸してくれる会社がたくさんありますが、その期間を超えてしまうと金利がかかってしまうので、こうしたサービスをうまく活用する上でもやはり短い期間でお金を返すということが必要になるわけです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ≪審査が不安≫なら…→必ず借りれるカードローンランキング All Rights Reserved.