サラ金限度額が気づかないうちに減少することがあるってホント?

サラ金限度額が本人の知らないうちに減少することがあると聞きました。今、僕はカードローンに頼り切ってギリギリの生活をしています。もしサラ金の限度額が減少なんかしたら大変です!そこで、どんなときに限度額が小さくなることがあるのか教えてください!限度額が小さくならないように何か気を付けておくことはありますか?

一番気を付けなくてはいけないのは新たな借り入れの時!

消費者金融とか信販会社の借金は上限が決まっているのは知ってる?その上限は年収の三分の一までなんだよ。この上限が決められた時には、今まで借りることができていた借金の上限がいきなり小さくなって、カードが返済専用のクソカードになったなんて話も耳にしたけどね、最近ではあまり聞くことはなくなったね。

それでも限度額が小さくなることが全くなくなったわけじゃない。そして一番注しなければならないのは、新規にカードローンを申し込んだり、クレジットカードやショッピングローンを申し込んだりするときだ。この申し込みの時の書類の内容によっては唐突に限度額が小さくなることも考えられる。今みたいにカードを使ってギリギリの生活をしていると、たまったものじゃないはずだ。

その、注しなければならない項目ってのは年収だ。たとえば、年収400万で申し込みをしていたとしよう。そしてカードローンを使えるようになった。もちろんそのカードローン以外に他のカードローンがあったとしても、カードローンの限度額が全部で133万までなら何ら問題はない。この状態が続いていれば持っているカードローンは特に問題なく使えることになる。

しかし、その後、何かの事情で収入が350万に下がったとしよう。そしてその時にクレジットカードやショッピングクレジットなどに申し込んで、収入が350万として申し込みしたとしよう。クレジットカードやショッピングクレジットは問題なく審査に通ったとしても、その裏では実はとんでもない事態が進行しているということもあるんだ。

その事態とはこうだ。審査の時の350万の年収という情報が信用情報機関に流れる。そしてその信用情報機関の情報を借金をしているカードローンの企業が見る。さらにタイミング悪くカードの更新などが行われてしまうと、年収400万で133万円まで借りれたはずのものが、年収350万で116万円までしか利用できないことが発覚する。そしてそのカードローン会社が差額の17万円分限度額を引き下げるという動きだ。

仮にカードローンが収入証明が必要ないレベルのものだったりすると、結局、申し出の年収で判断することになる。実は限度額ギリギリだったのにそれを知らずに増額の申請を行って、再審査の結果年収が低くなったことによって増額の申請を行ったのに減額されるなんてこともあり得る。借り入れの増額や申し込みをするときには自分の状況をしっかりと確認して行うことが何より重要だ。

知っておこう!サラ金限度額を減少させる方法

カードローンには利用限度額が設定されており、その限度額内でお金の借入、返済を繰り返すことができます。利用限度額は会社によって様々ですが、通常消費者金融であれば、最高300万円が一般的、銀行カードローンであれば、500万円が平均的でしょうか?大型のカードローンであれば、800万円、最高額はみずほ銀行のカードローン1000万円なのではないかと思います。

どのくらいの利用限度額が設定されるかはその人の返済能力によって決定されます。返済能力が高ければ、つまり収入が多く、安定しているようであれば、利用限度額は多めに設定されますし、逆もまた然りというわけです。通常、カードローンを初めて利用するのであれば、いきなり高額の利用限度額が設定されることは少ないでしょう。最初は少なめの額からスタートして、徐々にその利用限度額を増やしていく、つまり増額手続きをしていく、ということになろうかと思います。

さて、その逆もまたありうるでしょう。カードローンを多めの利用限度額で利用していたのですが、その額を減額したい、というような場合です。理由はいろいろと考えられるだろうと思います。そもそもそんなに必要ないとか、自分をコントロールするためだとか、もし、カードを落としてしまった場合の被害を最小限にするためだとか、です。

利用限度額を減額したければ、まずは貸金業者にその旨を連絡することになるでしょう。会社によっては、すぐにその手続きができない場合があるかもしれません。しかし、利用減額を増額するときのような審査は基本的に必要ありません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ≪審査が不安≫なら…→必ず借りれるカードローンランキング All Rights Reserved.